介護eラーニングを徹底比較!

介護eラーニングを徹底比較! 介護eラーニングを徹底比較!

すぐ比較グラフが見たい方はここをクリック

介護研修の現状

介護分野での事業経営に関して、介護報酬の加算要件の一つに「研修」が挙げられます。この「研修」は介護職員の知識やスキルの向上を目的とし、事業の成長にとって欠かせないものとなっている反面、研修回数や質の標準化を図るとどうしても費用負担が大きくなってしまいます。
また、日本語能力があまり高くない外国人スタッフや、雇用期間・勤務時間にバラつきのある派遣スタッフなど、研修を受ける職員・スタッフの多様化によって研修内容の範囲も膨らんでいます。

今、効果的な研修方法が求められています

今業界の流れとして、インターネットを活用したオンライン型eラーニングでの介護研修を導入する介護事業者が増えてきています。
今回、その介護eラーニングサービスの特徴や価格を比較しました。

総合評価 1位 2位 3位 4位 5位 6位
サイト名 メディパスアカデミー介護 イーケアラボ 派遣のミカタ お茶の水
ケアサービス学院
しるべ倶楽部 学研介護サポート
サムネイル メディパスアカデミー介護 イーケアラボ 派遣のミカタ お茶の水ケアサービス学院 しるべ倶楽部 学研介護サポート
コンテンツ数

2,500

(約8分/本)

522

(約6分/本)

772

※うち動画290本
(約60分/本)

425

(約50分/本)

2,413

※カード形式
(約3分/本)

45

(約35分/本)

受講者別進捗状況管理機能 ○ ○ ○ × ○ ○
テスト機能 ○ ○ ○ ○ ○ ○
受講者レポート機能 ○ ○ ○ × × ×
研修実施記録 ○ ○ ○ ○ × ×
修了証発行 × × × ○ × ○
講義資料ダウンロード機能 ○ × × ○ × ○
オリジナル動画登録機能 ○ ○ × × × ×
講師派遣 × ○ × ○ × ×
情報共有機能 ○ × × × ○ ×
多言語対応 ○ × × × × ×
行政関連動画 ○ × × × × ×
イベントセミナー主催 ○ × ○ ○ × ×
アプリ化 ○ × × × ○ ×
導入実績 介護職員3万人 不明 派遣会社1,000社 介護職員6万人 不明 不明
コスト(税抜)※

300

円/月

350

円/月

467

円/月

746

円/月

1,380

円/月

3,000

円/月

※施設管理者2名、受講者50名が法定研修や応用実技・受験対策等のすべてのコンテンツを受講すると仮定した場合、合計費用(定価)を受講人数50名、及び12ヶ月で割った金額

ランキング1位

「メディパスアカデミー介護」

メディパスアカデミー介護
チャート

特徴

医療・介護事業者へのコンサルティング、介護士の人材紹介や派遣、高齢者施設への入居者紹介など、介護分野において幅広くサービスを行っている株式会社メディパスが運営。2,500を超える動画コンテンツ数に加え、多言語にも対応、受講一括管理で加算申請や実地指導対策、導入している介護事業者同士のオンラインユーザー会(情報交換会)の毎月開催、施設内情報共有機能を拡充しアプリ化するなどeラーニングの枠を超えた人財育成・定着サービスを提供。

コンテンツ範囲・内容

初任者研修相当の内容から現場での指導・統制を任されるリーダー向けの内容も網羅。法定研修だけでなく、厚労省や東京都の介護関連の公式動画、事例に基づくヒヤリハット研修や、介護福祉士、ケアマネージャーの試験対策講座、介護施設・事業所の経営者向けコンテンツ、オンラインユーザー会の録画配信なども充実している。
また、オプションとして自社研修動画のアップロード、外国人スタッフ向けの母国語(ベトナム語、中国語、英語、など)での研修コンテンツも準備されている。
実技動画約350本、講義動画約1,550本、多言語オプション動画約600本。

その他

・特筆すべき点として、毎月開催しているオンラインユーザー会を通して他社事例を学べるほか、施設内情報共有機能も備わっている。
・介護職員としての適性をチェックができる適性テスト機能も備わっており、介護職員採用時の判断材料としても活用できる。

価格

・年間基本料金(管理者ライセンス2名+職員・研修計画登録サポート含む):60,000円(税抜)
・受講者1名につき月額200円(税抜)
この公式サイトへ GO!

ランキング2位

「イーケアラボ」

イーケアラボ
チャート

特徴

主に介護業界で労働者派遣事業、有料職業紹介事業、教育研修事業を行う株式会社ツクイスタッフが運営。
福祉の研修に特化した動画配信サービス。動画研修・テスト機能での研修実績の積み上げだけでなく、受講データの一元管理による業務の効率化と充実したカリキュラムによる研修の質の向上を提供。

コンテンツ範囲・内容

・介護サービス情報公表制度の研修項目である法定研修を13講義、約200本。
・介助技術の基礎知識かた移乗・移動介助等、介護技術を6講義、約90本。
・チームワークやクレーム対応等、その他テーマ別が4講義、約60本。
・新人やリーダーシップ、指導育成等、階層別で4講義、約70本。

・上記標準プランから集合研修用に抜粋された「みるだけ研修」は25講義、約60本。

その他

無料オプションとして、タブレットレンタル/Wi-Fiルーターレンタル/講師派遣型研修のうち、いずれかひとつ選択可能

価格

・eラーニング(標準)プラン
年間基本料金 1パック(管理者ライセンス1名+受講者50名):年間180,000円(税抜)
初回のみ14ヶ月とし、利用開始2ヶ月以内の解約時は全額返金
管理者ID追加:年間180,000円(税抜)/職員ID登録代行:50名様毎/20,000円(税抜)

・集合研修用みるだけプラン
年間基本料金 1アカウント:年間49,800円(税抜)
法人単位でのIDを割り振りのため、同時刻・複数端末での視聴・利用は不可
追加1アカウント/年間12,000円(税抜)
この公式サイトへ GO!

ランキング3位

「派遣のミカタ」

特徴

語学からビジネススキルまで、動画で学習できるオンライン学習マーケットプレイス「manebi」を運営する株式会社manebiによる派遣業界に特化したeラーニング(LMS)教育サービス。
教育カリキュラムの作成や厚生労働所提出の報告書を自動作成等、派遣法を意識した機能、研修内容となっており、介護だけでなく製造、物流、IT、保育など多様なコンテンツの提供が可能。

コンテンツ範囲・内容

・全コンテンツ772本のうち、動画290本(平均50分)、スライド188本、HTML294本
・介護専門は全44コンテンツ、動画29本(平均13分)、スライド14本、HTML1本
排泄介助、食事介助、着替え介助、歩行介助など介護技術動画29本
介護職のキャリア、高齢者の理解と介護記録、介護職のためのケアマネジメントなどスライド12本
そのほかリーダーシップ1本、介護制度1本、看護1本

その他

派遣社員向けの内容となっているため、介護専門講義は少なく介護施設・事業所では新人職員の研修に対応していると考えられる。
教育カリキュラムの3ヶ年計画を無料作成

価格

・初期費用:100,000円(税抜)
・月額利用料:利用者人数に伴う従量課金制
・1~50名:15,000円(税抜) 
・51~100名:27,500円(税抜)
・101~150名:37,500円(税抜) 
・151~200名:45,000円(税抜)
この公式サイトへ GO!

ランキング4位

「お茶の水ケアサービス学院」

お茶の水ケアサービス学院
チャート

特徴

保健・医療・福祉領域の教育、研究、外部評価を主な事業としているお茶の水ケアサービス学院株式会社が2006年から運営。
業界で最も実績が多い福祉用具専門相談員指定講習会のオンライン研修、介護分野の様々な研修・講演会や外部団体の研修カリキュラムの構築や研修運営にも携わってきたノウハウを活かした介護フォローアップ研修や介護技術動画マニュアル、ケアマネジャー試験対策をネット配信。

コンテンツ範囲・内容

■介護フォローアップ研修
契約から1年間は総400本(配信時間336時間超)の全てのコンテンツが見放題
全国各地で20年以上フォローアップ研修を開催してきた実績と経験を活かした研修のネット配信。
接遇研修、認知症研修、サービス事業所向け研修、記録研修、終末期対応研修など約25講義。各約50~60分

■介護技術動画マニュアル
様々な介護技術を10分以内の動画に編集
移乗、移動、福祉用具、ポジショニング、健康管理、排泄など約10講義

■ケアマネジャー試験対策
セミナーの資料や模擬テストもダウンロード
過去に集合研修で行われた対策講座や模擬テスト・過去問の解答解説で約15動画、総配信90時間

その他

・ケアマネ模擬テストを2コース(各8,800円税込)で販売
・福祉用具専門相談員指定講習会を東京や大阪で開催、オンライン研修もあり(各45,000円税込)
・期間限定の特別価格を各コースで頻繁に実施している

価格

・介護フォローアップ研修1アカウント※ 年額150,000円(税抜)
・介護技術動画マニュアル1アカウント※ 年額120,000円(税抜)
・ケアマネジャー試験対策1アカウント 年額178,000円(税抜)
※アカウントは使いまわし可能だが同時刻でのアクセス不可
この公式サイトへ GO!

ランキング5位

「しるべ倶楽部」

しるべ倶楽部
チャート

特徴

医薬品卸売、調剤薬局、医薬品等製造販売、顧客支援システムの開発・提供等の事業のほか、地域医療連携や在宅・介護分野への取り組みも推進している共創未来グループが運営する介護のeラーニング学習サービス。
介護現場で広く導入されている介護技術・スタンダードな理論に基づいた日常介護から国家試験対策まで、目的に合わせてコンテンツを配信。講義は講師による動画ではなく、約3分で無理なく学べる「カード(スライド)」形式。

コンテンツ範囲・内容

■【学習編】全学習カテゴリ 965カード
学習想定時間72時間
介護の基礎編 40時間、認知症ケア 16時間、認知症の理解編 4時間、認知症ケアのポイント編 12時間

■試験対策編 介護福祉士コース 968カード
介護福祉士過去問題 49時間

■試験対策編 介護支援専門員コース 480カード
介護支援専門員過去問題 24時間

その他

・eラーニングプラットフォームである「Goocus」を使用したサービス
・ランキング表示、「バッジ」取得機能、獲得ポイント表示など学習意欲を継続させる機能や他のメンバーとのSNS機能あり

価格

・初期導入費:8,000円/事業所(税抜)
・1人あたり 1,200円/月(税抜)
・管理システム利用料:月間1,000円/事業所(税抜)
この公式サイトへ GO!

ランキング6位

「学研介護サポート」

学研介護サポート
チャート

特徴

教育教材の開発、販売を行う学研のグループ会社、株式会社 学研メディカルサポートによる運営。医療系学習コンテンツと並行して介護にも対応。
同社のナーシングサポートとのID併用も可能。

コンテンツ範囲・内容

■新人介護スタッフ研修コース
人権と尊厳を支える介護・自立に向けた介護、介護の基本
介護におけるコミュニケーション技術、老化の理解 など全21講義、各約30分

■介護スタッフ研修コース
介護施設における感染対策、高齢者の転倒・転落対策
介護職に必要な薬の基礎知識と安全な服薬介助、アセスメント
認知症をもつ人の視点に立った介護の役割 など、全24講義、各約30分

新人介護スタッフ研修コース21動画、介護スタッフ研修コース24動画、合計45動画

その他

・同じアカウントの同時利用は不可、集合研修向け
・看護師向けeラーニングである「学研ナーシングサポート」のオプションコースとしての位置づけが強い

価格

・1施設につき3つのID数を発行:9,000円/月(税抜)
・学研ナーシングサポートと併用の場合は、オプション扱いでID登録者全員で10,000円/月(税抜)
この公式サイトへ GO!

2025年には38万人の介護職従事者が不足すると言われています。人手不足から育成を怠ると、介護職員の定着が安定しないだけでなく、事故につながる恐れもあります。
この機会に介護研修の見直しと内容の充実を図ってみるのはいかがでしょう?